記事一覧

ザ・ロウのクラッチバッグ

「しなやかさ」と「やさしさ」を併せ持ったシンプルスタイルの真骨頂として、大人の女性に愛されているアメリカのブランドTHE ROW(ザ・ロウ)。しなやかなゆったりシルエットの流行を生んだといってもいいすぎではない同ブランドが手掛けたバッグは、バッグにも女性デザイナーらしい、使い勝手のよさが感じられるものに。飽きのこないデザインで、定番的モデルも多いのです。



左/シルクサテンの黒クラッチバッグは、遠目にも映える長いタッセルが優雅。『ミニ リストレット』[縦12.5×横17×マチ3㎝]¥132,000・
中/肩への当たりがやわらかく、ボディにもフィットするしなやかなショルダーバッグ。収納力もあるうえ、茶系カーキで服の色も選ばない『トップハンドル14』[縦30×横50×マチ20㎝]¥397,000・
右/ポーチ内蔵で便利な定番的トートバッグの新作は、モダンな光沢のあるカーフ素材。切り替え部分に編み込み風ディテールが施され、黒でも華やか。『トゥ フォー ワン12』[トート:縦15.5×横30×マチ13㎝、ポーチ:縦23×横30×マチ13㎝]¥560,000(コロネット〈ザ・ロウ〉) [Precious3月号254ページ]



ソフトレザーを使用した『ヌーボラ』はマチが広く収納力に長けているので、仕事からプライベートまで、それぞれのライフスタイルに合わせて使えるのが魅力。そして、サイドの紐を縛ってバッグ全体のサイズ感を調整できるのも特徴のひとつです。

マルチカラーのレザーを編み込んだデザイン、モダンなカラーブロッキングなど4タイプで展開されるなかから、ここでは洗練された大人女性に似合う「エトロペイズリー」が贅沢にあしらわれた2タイプをご紹介します。

まず、ブランドを象徴する「エトロペイズリー」がカーフレザーにエンボス加工されたシックなアンブレタイプ。こちらはブラック、ベージュ、アイボリーの3色で展開されています。

【関連記事】:https://qiangxuny226.wordpress.com/